CAMEO Chemicals

提供機関:米国海洋大気庁(NOAA)

NOAAの危険物流出対応室(OR&R)の開発した化学物質データベースで、2009年、従来のオンライン版に加えてダウンロード版のデータベースも利用できるようになった。物質名などで検索し、「データシートを見る」(View Datasheet)とのボタンをクリックして約6000個の化学物質に関するデータを利用できる。化学物質の有害性情報、危険性情報(LEL、UEL、引火点)、判定値(AEGL、ERPG、TEEL、IDLH)、緊急時の対処法などが記載されている。 データは、ほぼ出典情報が記載されている。

リンク:http://cameochemicals.noaa.gov/

ChemIDplus

提供機関:米国国立医学図書館(NLM)

NLMのChemIDplusは425,893点の化学物質2021/3/18現在)の化学物質の毒性情報、logPなどの物性データを検索することができる。物質名などの6項目を入力して検索すると、EINECS, HSDB, TOXLINE, IUCLIDなど多数のデータベースが検索できる。

物質数:425,893(2021/3/18現在)

リンク:ChemIDplus

化学物質総合情報提供システム (CHRIP)

提供機関:製品評価技術基盤機構 (NITE)

概要:

経済産業省の知的基盤整備事業のうち、「化学物質安全管理」の一環として構築しているデータベースで、化学物質総合検索システム、PRTR制度対象物質データベース、既存化学物質安全性点検データなどが記載されている。化学物質の番号や名称等から、有害性情報、法規制情報及び国際機関によるリスク評価情報等を検索できる。各法規制対象物質や各機関の評価物質等を一覧表示できる。

【排出量・取扱量情報】NITE-CHRIPの「国内法規制情報」の「化管法」の項目に 法令 概要 PRTR届出方法 化管法ラベル・SDS作成ガイド PRTRデータ集計結果、物質リストが掲載されている。

【信頼性】GHS:3

リンク:化学物質総合情報提供システム

プラットホームの概要

リスク情報

リスク評価に必要となる、化学物質の一般的な物性値、有害性に関する物性値、急性曝露・火災・爆発に関する物性値のデータベースへのリンク集および情報の信頼性や入手方法に関するテクニカルガイダンス(ドラフト版)を搭載しています。

リスクアセスメントツール情報

リスク評価のためのツールの基本情報(提供機関名、入手方法、特徴など)や入手方法、簡易な使用方法に関するテクニカルガイダンスを搭載しています。

ライフサイクルに亘るリスク評価事例

本プラットホームを利用したライフサイクルリスクの評価事例として、高いリスクが懸念される化学物質であるHBCD(1,2,5,6,9,10-ヘキサブロモシクロドデカン)、PFOS(ペルフルオロオクタンスルホン酸)について評価事例を搭載しています。

プラットホームの使用にあたって

本情報プラットホームで提供する情報の閲覧・利用に関しては、必ず以下の事項を確認して下さい。また、同意の上で利用していただくものとみなします。

(免責事項)

・本ホームページの提供情報については、万全なものとなるよう取り組んでおりますが、その内容を保証するものではありません。
・本学は利用者が本ホームページの情報を用いて行う一切の行為について、何ら責任を負うものではありません。
・当ウェブページは、予告なしに情報の内容や掲載場所を変更または削除することがありますので、あらかじめご了承ください。

(著作権)

・すべてのコンテンツの内容に関する著作権は、横浜国立大学および作成者に帰属するものとして扱います。