リスク共生社会創造センター活動報告
Q&A
リスク共生社会コンソーシアム×社会実装活動

TOPICS ーセンターからのお知らせ

過去のお知らせ一覧
  • 2018.07.02

    当センター 特任教員(助教)稗貫 峻一 先生が、日本エネルギー学会 平成30年度「論文賞」を受賞いたしました。
    ———————————————
    受賞した論文は、「エネルギー技術の地域別社会経済効果の分析における全国/地域産業連関表の利用」(2017年6月号176頁掲載)です。
    表彰式は、8月8日(水)15:00から、日本大学理工学部 駿河台キャンパス 1号館A会場(2階)121会議室で行われ、この様子は業績紹介と合わせて学会誌11月号に掲載予定です。

  • 2018.05.17

    リスク共生社会創造センター 客員教授 南川 秀樹 先生が 「日本環境問題:改善と経験」を 2017年9月中国にて刊行しました。書籍の詳細はこちら。なお、この書籍は横浜国立大学 図書館に寄贈していただいております。

  • 2018.05.17

    リスク共生社会創造センター 非常勤講師 宇於崎 裕美 先生が 「リスクコミュニケーションの現場と実践」を刊行しました。書籍の詳細はこちら

  • 2018.04.23

    (終了)「リスクコミュニケーションのモデル形成事業3大学合同シンポジウム」を開催いたしました。
    日時:平成30年5月29日(火) 10:00~17:30  場所:アーツ千代田 3331 コミュニティスペース
    ————————————————
    文部科学省「リスクコミュニケーションのモデル形成事業」に参画している福島県立医科大学、北海道大学、横浜国立大学の成果発表後、それぞれのリスコミモデルの社会実装を踏まえた水平展開の方向性を参加者の皆様と考えていきます。 本シンポジウムは一般講演ではなく、参加者の皆様にはワークショップ等に参加いただく予定です。

  • 2018.03.01

    (終了) 第8回シンポジウム 「リスク共生社会像の共創」を開催いたしました。
    日時:2018年3月26日(月) 13:30-16:30 場所:情文ホール(みなとみらい大通り駅)
    ————————-
    多様な社会のリスクから許容するための「リスク選択手法」と目的とする「社会像」を共有していきます。
    多くの方々のご参加ありがとうございました。

  • 過去のシンポジウムの資料はこちら
  • HALT研究コンソーシアム
  • 副専攻プログラム募集要項
  • エネルギーキャリアの安全性評価研究
  • 事業者の化学物質リスク 自主管理の情報基盤
  • 国立大学法人 横浜国立大学