リスク共生社会創造センター

− 安心・安全な市民社会の構築を目指して −
  • 安心・安全科学に関する研究開発
  • 学生への安心・安全科学の教育
  • 社会人への安心・安全科学の再教育
プロジェクト研究の企画・推進、共同研究など
安心安全マネジメント副専攻プログラムの実施など
公開講座の実施、大学に対するニーズ調査など
ごあいさつ

本学は、昭和42年に全国初の「安全工学科」、また昭和48年に全国初の「環境科学研究センター」を設置して以来、長年にわたり事故等の分析・評価と防止技術、化学物質の安全管理、環境の評価と保全等についての多くの研究成果と多数の専門家を育成してきました。
 これらの実績を基にして、工学部の「環境エネルギー安全工学大講座」、大学院環境情報学府の「環境リスクマネジメント専攻(平成18年度に新設)」をはじめ、各部局で安心・安全に関する様々な研究・教育が行われています。
 さらに、本学では、「安心・安全」に関する大型の研究・教育プロジェクトとして、文部科学省21世紀COEプログラム「生物・生態環境リスクマネジメント(平成14〜18年度)」や文部科学省科学技術振興調整費新興分野人材養成プログラム「高度リスクマネジメント技術者育成ユニット(平成16〜20年度)」が採択されて、「安心・安全・リスクマネジメント」に関する研究・教育拠点の形成が進められてきました。
 今回設立した本センターでは、リスク共生の理念を実現する社会を構築するために先端科学高等研究院をはじめとする本学の最先端の研究成果等を社会に実装する研究・活動を行い、社会としての「リスクの共生のあり方」「最適な調和ある受容のあり方」を模索しながら安全安心の実現と活力のある社会の創造を目指していきます。

  • SIPエネルギーキャリアの安全性評価研究
  • 横浜国立大学
  • 事業者の化学物質リスク自主管理の情報基盤
  • 安心安全マネジメント副専攻プログラム
新着情報