シンポジウム

シンポジウム

第8回シンポジウム リスク共生社会像の共創

開催趣旨

社会に潜在する多様なリスクへの最適な対応を行うためには、目指す社会像を明らかにすることが求められる。本シンポジュウムは、社会に潜在する多様なリスクを体系的に整理し、目指す社会像を構築することを目的としている。
本シンポジュウムでは、第1部でリスク共生を考える要素をパネリストに紹介していただき、第2部でパネリストと会場の参加者と共に、リスク共生社会についての議論を行い、リスク共生社会像を明らかにしていく。

日時:2018年3月26日(月)13:30~16:30
場所:横浜情報文化センター 6階 情文ホール 横浜市中区日本大通11番地
参加費:無料
定員:200名

プログラム

1) 開催の挨拶

2) リスク共生社会像の構築パネル

~第1部 リスク共生社会を考える要素を知る~
① リスク共生社会とは
② 産業のリスク
③ リスクコミュニケーション
④ 安全の在り方
⑤ 都市生活のリスク共生

~第2部 リスク共生社会像の構築~

1) 社会に潜在する多様なリスクを整理する
2030年の日本社会を対象として社会課題と要求を考え、様々なリスクを整理する
2)リスク共生社会像を考える
・多様な価値観が存在する社会において、目標とする一つの社会像を構築することは可能であろうか?

■パネラー
・石 井  和  株式会社三菱総合研究所 科学・安全事業本部 産業セキュリティグループ GL
・宇於崎 裕美  エンカツ社 社長
・中村 昌允  東京工業大学 特任教授
横浜国立大学
・遠藤  聡 准教授 大学院環境情報研究院 都市科学部
・佐土原 聡 教授  都市科学部長 大学院都市イノベーション研究院長
・澁谷 忠弘 准教授 リスク共生社会創造センター、先端科学高等研究院
・周佐 喜和 教授  大学院環境情報研究院、リスク共生社会創造センター、都市科学部
・三宅 淳巳 教授  先端科学高等研究院 副高等研究院長、リスク共生社会創造センター

コーディネーター
・野口 和彦 教授  リスク共生社会創造センター センター長、大学院環境情報研究院 都市科学部、先端科学高等研究院

シンポジウム《参加申し込み》

受付はすべて終了いたしました。ありがとうございました。

シンポジウム《資料のダウンロード》

http://www.anshin.ynu.ac.jp/wp/wp-content/uploads/2018/03/poster20180326.jpg